毛穴の白いニョロニョロ角栓は30代に始まり10年後に終った

スポンサーリンク

毛穴から出てくる、白いニョロニョロの角栓に悩んでいる方に

なんでこんなにニョロニョロでニュルニュルしてて、気持ち悪い皮脂が、自分の肌から出てくるの?

いったいどうすれば出てこなくなるの?

といった悩みにお答えしたいと思います。

10年間ものあいだ、白いニョロニョロ角栓に悩み続けたわたしは、大事なことに気づいてから、みるみる毛穴が塞がっていきました。

今日は、同じ悩みを持つ方へ、解決の糸口をお話しさせていただければと思います。

スポンサーリンク

毛穴の白いニョロニョロの正体は!?

それは、皮脂です。

そして、肌自身が肌を守るために必死に出している、過剰に分泌された皮脂。

洗いすぎて脂分を取りすぎていたり、無意識なうちに、肌を触ったり、こすっていたりして、肌を痛めつけているということが原因だと考えられますよ。

洗顔をクレンジングバームに変えることで、メイクを落とすと同時に、毛穴のケアとトリートメントもできますから、

あとは肌を触らずにしっかり保湿を続けると、健康な肌に戻っていきますよ。

角栓は30代から始まって、10年後に出なくなった

私の角栓がなぜ出始めたのか、お話しさせていただきますね。

始まりは、今考えればオイルマッサージのしすぎ、でした。

30才になったばっかりの頃に化粧水が自分で作れる、ということ知り、嬉しくて手作り化粧品を色々作り始めたのです。

そして、石けんもオイルを使って手作り出来ることを知り、楽しすぎてハマりました。

毎週作っては誰かにあげて、オイルも色々買って、余ったオイルにアロマオイルを入れてマッサージに使ったり、そこまではよかったのです。

そして、オイルでクレンジングできることを知り、肌をクルクルとマッサージして角栓をとる、そしてそのあと石けんでダブル洗顔する。

コレが悲劇の始まりで、毎日毎日やりすぎてしまいました。

おまけにオイル分を取るために、ふき取り化粧水をコットンに含ませて、肌をこすり。

素手とコットンで擦りすぎる毎日に陥ること10年、長きに渡り、やってしまいました。

メイクをオイルで落とした後に、もう一度オイルを手に取って、マッサージしてクルクルしていると、詰まっていた角栓コメドがポロポロ取れて、

面白くて毎日のようにクルクル。

そしてその時間がだんだん長くなっていって、力を入れて長時間擦りつづて顔が赤くなってました。

とてつもなく、お肌を傷めつけていた。

ほんとに、今から考えたら信じられない、酷いことをしておりました。

毛穴からニョロニョロした長いものがにゅるにゅる出てきて

そんなひどいことを、ひどいとも思わずに続けていると、顔中の毛穴が開いていきました。

そうなると、もう鼻の頭はあたりまえに毛穴は開いていました。

そして、一番びっくりしたのが、小鼻を凹んだ部分に向けて押すと、にゅるにゅるっと、細く長い皮脂が出てきたことです。

そして、この小鼻の凹みからのにゅるにゅる皮脂は、今日取ったから当分出てこないだろうと安心していたら、

翌日の同じくらいの時間には、また。同じように出てきたのです。

あの頃の私は、あれだけのにゅるにゅるした皮脂の量が、たった一日でできるなんて、私の肌はなんて強烈な脂性肌で油田なんだろう、とすら思っていました。

角栓のニョロニョロは繰り返される

角栓を取ると、毛穴がきれいになった気がするので、当分は角栓は出てこないだろうと思いがちなのですが、

それは大きな間違いだったんですね。

毛穴パックなどをして、自分では、毛穴すっきり!くらいに思って気持ちよく、あとの化粧水や美容液を塗るのですが、

実際は、毛穴や肌にとっては、なんというダメージを与えてくれたんだ!という状態になっているんですよね。

自分たちが、自身を守るために出している皮脂を、いっぺんにとってしまわれるわけですから、

そりゃぁもっと必死に、過剰に皮脂を作って出す、というスパイラルが繰り返されていってしまいます。

肌の状態はもう、つねに、まるでケガをしていたような状態だったんですね。

ダブル洗顔しないと角栓が出にくくなる

そして、40歳くらいになって、脂性肌の私でも、肌の乾燥を初めて感じるようになったのですが。

そこで選んだメイク落としが、乾燥しないと聞いた、フランス式ふき取りクレンジング。

何故にまた、こするという選択をしてしまったのか。無知も甚だしいですね。

ただ、このふき取りクレンジングは、ダブル洗顔をしなくていいということで、時短になると思い、やり始めたのですが、

そのおかげで、石けんやフォームなどの洗顔による、皮脂を完全に奪ってしまうということがなくなったようで、

乾燥は感じなくなり、にょろにょろした角栓が出なくなったのです。

無知な私はそれだけでも、やった!と、喜んでいたのですねぇー(笑)

肌をこすることのダメージ

ふき取りなので、コットンでこすること何枚も、赤くなっても気の済むまでこすっていました。

それから数年経って、コットンをやめたほうがいい、ということを知ります。

今さらーーという感じですが、その後コットンの利用を減らすようになり、肌の状態はマシにはなったりしますが、

でも肌を触ったり、こすったり、自分ではそんなにやっているつもりもなくて、やめたほうがいいという意識はありませんでしたから、肌がきれいになることはなかったんです。

仕事で帰りが遅くなる日が続き、シートクレンジングを連用して、ただれるほど乾燥したり。

脂性肌には、ジェルクレンジングがいいと聞き、使うようになるのですが、メイクはキレイに取りきれない。

残ったメイクを落とすために、そのあとのダブル洗顔、トリプル洗顔でまた乾燥したり。コットンでふき取ったり・・・。

何度もくり返しました。あぁ、長かったです。

ジェルクレンジングも、指先でしっかり毛穴に押し込むイメージで、メイクになじませていくと、けっこう落ちるんですが、

そんなことは知らずに、しつこくクルクルしてダブル洗顔するものだから、メイクは落ち切りません。

結局、いつもやりすぎていたんですね。

解決策はシンプル 肌に優しく

そんな私でしたが、ある夏の時期に、BBクリームを塗ったあと、濡らしたティッシュを顔におくと、崩れにくいということを発見したのですね。

ノリがよくなってテカらなかったので、一切肌を触らずに過ごしたのです。

そうすると前日より肌がキレイになっている気がして、もしかして、触らないでいればきれいになる?

という疑問から、極力肌を触らなくなり、角栓がすべて取れるまで、クルクルすることもやめたのです。

同時にこの頃から、DUOクレンジングバームを使用して、メイク落としと洗顔を、一度に済ませるようにもなりました。

ただ、DUOクレンジングバームは、毎日使うには価格が高いな、と思ったので代わりに安めのクレンジングバームを探したりもしました。

こちらの記事も合わせてどうぞ → https://kireijyosi.com/archives/122

そうして、バームクレンジングに変えて、石けんやフォームでの洗顔を週に1度くらいにしました。

すると、あれだけ酷かった肌の状態が、日に日に良くなっていき、毎朝目が覚めるとすぐに鏡で見ると、昨日より確実に肌はふっくらして、毛穴は前の日より小さくなっていました。

そして、今までは年相応にしか見られなかったものが、8才くらい若く見てもらえるようになったのです。

自分でもびっくりして、生きていればこんなこともあるのかと、嬉しさでいっぱいになったのは忘れられないです。

お悩みの方へ

角栓は取るとまたすぐに生えてきます。

出てくる皮脂は、肌を守るためですから、取りすぎないであげてください。

肌の角栓を減らしたい、開いた毛穴を閉じたいという解決策は、肌を優しく扱う、ということです。

  • W洗顔で皮脂を奪ってしまわない。
  • 肌は決してこすらない、極力触らない。
  • しっかり保湿する。

この3点がとても大事です。高い美容液やクリームを塗る前に、まずはここが大前提です。ここが出来ていて初めて、美容液やクリームが活かされます。

日々、お肌をどういうふうに扱っているか、考えてみると分かると思うのですが、力が入っていたりしていたなら、けがをしていると思って優しくケアしてみてあげてください。

けがをしていたら、こすったりはしませんよね。力を抜いて、そっと触りますよね。

そして、石けんやフォームなどの洗顔料を使わないで、メイク落としも洗顔も、一度で済むバームタイプのクレンジングを試してみてください。

バームクレンジングで、毎日少しづつ角栓を取り除いていき、肌を優しく扱って、健康な状態へ戻していきましょう。


肌や体は、もともと健康でいようとするものですから、その働きを遮らないようにする。

そしてそのあとは、たっぷりの化粧水と乳液やクリームで蓋をして、肌を触らないで、こすらないであげてください。

私自身、このことに気づいてからは、40代後半にもかかわらず、肌周期にともなって、1日1日ごとに、みるみる毛穴が閉じていきました。

もっと早くに気づけていたらと思いますが、気づけただけでもよかったと思っています。

皆さんのお悩みも、早く解決されることを願います。

 

お肌
スポンサーリンク
ベリジンをフォローする
肌きれい髪キレイ?キレイになりたい!大人女子が美人になる
タイトルとURLをコピーしました